« 夜遅くに帰宅したら… | トップページ | またたびスプレー♪♪ »

潰瘍性大腸炎の再燃

2014年3月20日(木曜日)


大腸の内視鏡検査を受けてきました。
経過観察と、書類の更新の為に毎年受けている検査です。





自宅で下剤を1.5リットル飲みます。
今回の下剤は今まで飲んでいた種類と違うもの。
青リンゴの味がしました。

Img_13631

飲んではトイレに行き…
飲んではトイレに行き…
便が透明になればOK。






そして、検査開始。


大腸内視鏡検査は8度目くらいかな。
それでも検査前、すっごく緊張します。
私の通っている病院では
検査前に少し楽になる注射を使います。
気持ちはフワ~っと楽になるけれど、
カメラを奥に奥に入れていく、
そして、空気を入れる際に痛みを感じます。


個々に感じ方は違うかもしれないけれど、
残便があったり、炎症があったりすると痛みがあるみたいです。


痛くてしかめっ面になったり、
看護師さんの手を握ったりしてしまいました。



終わってから、1時間ほど、
病院のベッドで休んで、結果をざっくり説明。
(詳しい結果は、粘膜を採ったりしているので後日。)




今回は1年前より炎症があり、
検査中に私もモニターを見ていたけれど、
出血もありました。
潰瘍も出来ていました。




潰瘍性大腸炎は、
現在のところ、完治する病気ではありません。


症状が落ち着いている状態を寛解(かんかい)
症状が再び出てしまった状態を再燃(さいねん)


と言っています。
私は、今回二度目の再燃。

以前は2011年に再燃。
潰瘍性大腸炎ってこんなに辛かったんだって思うほど
辛い時期でした。



今回も、何ヶ月か前からそれらしき症状はあったけれど、
過敏性腸症候群と思っていたのと、
再燃したら、お尻から液体を入れる薬を使うことになって
それが嫌だったから、再燃と認めたくなかった。

だけど、モトくんに内視鏡検査やりなさい!
と言われて、毎年5月頃に検査をしていたけれど、
早めて3月に検査をしました。
異常無し!で終わるだろうって結構自信あったんですけどね。


だけど、早めに検査をして、
治療を早く始めることが出来て良かった。




Img_13701

上段、右上から二段目の写真に赤い筋が見えますよね。
それが出血です。


そして、再燃して、一番嫌だったのが、この治療薬。
ペンタサ注腸というもの。

この液体をお尻から注入するのです。
100mlの液体。
ベッドを汚さないようにゴミ袋とバスタオルを敷き、
トイレの扉、便座の蓋を開けて万全の状態でやります。
(液体を入れると、便意をもよおしてしまうことがあるから。)



前回はこれで再燃から寛解に持って行けたから、
このペンタサ注腸は私に合っていると思います。
病院の帰り道、またこれかぁ~って
すっごくすっごく落ち込んで、どんよりだったけれど、
これを頑張れば、良くなる!そう思って頑張ります。







Img_13771

ちなみに、飲み薬は↑これが一日分。

上からも下からも攻めてやっつけてやります(  ̄^ ̄)ゞ









|

« 夜遅くに帰宅したら… | トップページ | またたびスプレー♪♪ »

潰瘍性大腸炎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551674/59329964

この記事へのトラックバック一覧です: 潰瘍性大腸炎の再燃:

« 夜遅くに帰宅したら… | トップページ | またたびスプレー♪♪ »